一般塗装工事

Fotolia_59935577_Subscription_Monthly_M-960x710

塗装屋の主な仕事は、建築物にペンキを塗ることです。新築の物件では、塗料を混ぜ合わせて色を作り、内壁や外壁など指定された箇所を塗っていきます。リフォーム物件の場合には、ペンキを塗る作業の前に、古い塗料や傷を落とすという作業も必要です。

外壁塗装

建築塗装工の仕事の中で最も多いのが外壁の塗装です。下塗り、中塗り、上塗りの順番で塗装をしていき、必要に応じて吹き付けなどで模様を付けていきます。
リフォームで塗り替えをする場合には、コケやホコリ、ひび割れなど外壁の状態を分析し、必要に応じて下処理を追加していきます。

屋根塗装

紫外線をダイレクトに受ける屋根は、劣化が進行しやすい部分の一つです。屋根塗装をする際には、防錆性や防水性、遮熱性、断熱性を高める工夫を施します。

鉄部塗装

鉄部は塗料剥がれをそのまま放置していると、錆や腐食が進行してしまいます。まずはケレンと呼ばれる錆落としを徹底的に行った後、錆止め、中塗り、上塗りと工程を重ねていきます。

ベランダ塗装

日々雨水にさらされているベランダは、劣化するとヒビができたり、水たまりができたりしてしまいます。そこで、コーキングの劣化、防水性の低下、塗装の劣化もしくは腐食などの症状に応じて適切な塗装を施します